読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

入浴介助 腱鞘炎!?

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

暑くなりましたねー。夜でも熱いです。熱帯夜かな?ゆまとはプールに行く約束をしていましたが、クーラーの下で家族全員寝過ごしちゃいました(笑)。こんな日もあるさ。また今度行こうね。

 

さて、遂に恐れていたことが起きてしまいました。痛いんです。左手首が・・・。

 

それは、お風呂に移動するため、そうまの頭の下に左手をいれて、手首を使って動かそうとしたときです、「ピキっ!」と左手首に痛みが走りました。痛みが出ると、もう力が入りません。

f:id:fz4001979:20160703234820j:plain

やっちまった・・・。

 

よく考えたら、そうまの介助のときは毎回、左手(手首)で支え、右手で体を洗うなど細かいことをしていました。左手を酷使していたかも。そうまの頭が大きくなっているので、負担が大きかったこともあるかもしれません。パソコンのキーボードを叩いている、今でもちょっと痛い。腱鞘炎かも・・・。いや、診断を受けたわけではないです。大げさなことかもしれません。

介護をする人が、よく「腰を壊した」など体を故障することが多いと話は聞いていました。しかし、「自分は大丈夫!運動しているし!!」と変な自信がありました。今から考えると意味不明です(笑)。正直他人事でした。でもむしろ、運動していたり、体に自信がある人ほど、力で動かそうとする傾向があるかもしれません。そういう人は注意してください。危ないです。誰かを助けるために、自分が壊れてしまっては悲しいですしね。自分はストレッチしてケアしつつ、手首ではなくて肩とか肘で体を支えられるように練習してみます!

 

ではでは。