読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

プロレスを観に行ってきました

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

プロレスを観に行ってきました。テレビでは20年くらい前から見てきましたが、生で観るのは初めて。初めてのことというのはこの歳になっても緊張するもので、ドキドキしながらでしたが、思ったよりアットホームな雰囲気で楽しかった〜。100kgを超える男たちのぶつかり合いは、迫力満点。交通事故みたいなぶつかり合いからド派手な技の応酬、逆転につぐ逆転の試合展開と引きこまれました。ゆまも始めは「怖い〜」と隠れていましたが、最後の方は「オカダ〜」「頑張れ〜」と大きな声で選手を応援していました。

 f:id:fz4001979:20160809233856j:image

会場は超満員。夏休みということもあってか、子ども連れもチラホラ。

 

f:id:fz4001979:20160809233912j:image

調子に乗ってTシャツを買ってしまいました。体が貧弱なので鍛えないと格好わるいね・・・。

 

プロレスを1日、全試合観て思ったのが、その多様性と懐の広さ。強い選手ばかりでなく、ずる賢い選手、どこか抜けている選手、コミカルな動きをする選手・・・、色んなキャラクターがいます。そして、勝ち負け関係なく、皆ファンの人達に愛されていました。「強いが正義」という単純なものではなく、負けた方も悪役も弱い選手も愛されている印象でした。現実では全員がチャンピオンになれるわけではなく、その引き立て役になることがほとんどです。そんな自分もプロレスではこんなに輝けるって、好きな選手に自分を投影するのも面白いです。

 

ではでは。