ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

博多〜由布院の旅 その① ぶらり旅のすすめ

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

そうまの病状が安定したので、旅行に行ってきました。

計画は全く立てていなかったので、行き当たりばったりです。旅行前日に決めました。行く先はせっかくそうまがいないなかなので、飛行機に乗ろう(そうまがいると飛行機は相当ハードルが高い)ということで九州に決定。目的地は「由布院」です。そして「ゆふいんの森号」に乗るです。

ネットでお宿と飛行機を予約し、出発!便利な世の中になったものです。

f:id:fz4001979:20161107233607j:plain

👆「ゆふいんの森号」はこんな感じ。オシャレですなあ。 

 

旅行の詳細は後日にすることとして、今日はぶらり旅について書きたいと思います。

 

ぶらり旅とは

ここで言う「ぶらり旅」とは無計画旅行のことです。これが結構面白いです。今回は前日旅程を決めましたが、ヒドイときは当日、しかも空港で決めたこともあります(笑)。行先を決めずにとりあえず空港に行き、その時間帯で行けるところをピックアップし、メンバーが行きたいところを決めてジャンケン!行く先によってはかかるお金もだいぶ違うので、ジャンケンも真剣です。空港内で大声でジャンケンしたなあ・・・。お金を払う立場としては相当ハラハラします。あのときは有馬温泉に行ったっけ。

 

面白いところ

・ どんなことが起こっても楽しめるようになる。

・ いつもより背伸びすることで、自分をよく知ることができる。

準備不足なのでとにかく色んなことが起こります。ハプニングも多いです。その都度、落ち込んでいては仕方がないので、無理矢理にでも前向きになれます(笑)。そのお陰でどんなことが起きても楽しめる、楽しもうというようになります。

また、咄嗟の瞬発力や対応力が必要になってくる場面が結構出てきます。そうなると普段の自分ではみられない面が見えてきます。例えば今回の旅行では行きの飛行機の席がみんなバラバラ。乳幼児とビビリの保育園児の父としては結構心配。大声で泣くんじゃないか、親と離れることに不安がるんじゃないかって。でも実際は当人達はケロッとしたものでした。楽しかったみたい。良い経験になりました。

 

困ったところ

・ お金が余計にかかる。

これに尽きます。今回の旅行も「ふっこう割」が使えたことを後で知りました(泣)。直前だと飛行機代も高くなるしね。

 

皆さんもお金に余裕があったら是非。

 

明日は博多編を書きたいと思います。

ではでは。