読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

博多〜由布院の旅 その④ 由布院編 

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

旅行もいよいよ最終日。ここまでお付き合い頂いてありがとうございました。もう少しお付き合いくださいませ。

 

由布院はスゴイ

恥ずかしながら由布院のこと全然知りませんでした。イメージとしては、「九州の有名な温泉」「名前がカッコイイ」しかありませんでした(失礼)。有名な温泉=歴史が古い温泉=高齢者向け、という脳内図式が成り立っていました。実際は全く違いました。由布院駅からして違ったのですが、この日多くの発見がありました。

 

f:id:fz4001979:20161110231112j:image

👆 金鱗湖の朝霧です。天候に恵まれて見ることができました。幻想的で素敵な景色でした。いつも見ることができるわけではなく条件が色々あるそうです。季節が秋から冬であること、晴れていること、寒いこと、だそうです。見れて良かった〜。

f:id:fz4001979:20161110231625j:plain

👆 辻馬車に乗ってみました。定員は10名。50分くらいかけて名所を周ります。絶対に乗りたいと思ったので、8時50分から受付のところを10分前に行って予約しました。自分より前に3人並んでたなあ。後ろにもけっこう人が並んでいました。電話では予約は難しかったと思います。

実際に乗った馬車は思ったより速くてびっくり。御者さんが落ち着いた口調で由布院の歴史や名所の説明をしてくれました。由布院はダムやゴルフ場、サファリパークになる計画があったそうなんです。結果は住民の反対によりどの計画も頓挫したそうです。このような歴史から街を主体的に作っていこうという気概が生まれたんですって。いい話が聞けたなあ。 

f:id:fz4001979:20161110231231j:image

👆 辻馬車のコース、その1。観光名所でも何でもありません、保育園です。感動したのでのせちゃいました。150人も通っているらしいです。すごい数。御者さんによると由布院は若い人も多いんですって。

f:id:fz4001979:20161110231338j:image

👆 辻馬車のコース、その2。宇奈岐日女神社です。大きな神社ではありませんが、静かで神聖な雰囲気に包まれた素晴らしい神社でした。パワースポットという感じ。狛犬がなんかカワイイ。

 

辻馬車に乗って、由布院がいかに地元の人に愛されていて、大事に作られてきたかを知ることができました。とっても良かったです。是非由布院に行かれたときは乗ってみてください。

 

旅のしめくくりは露天風呂です。山のホテル夢想園さんです。宿泊できる旅館ですが日帰りでの利用もできます。雄大な景色は勿論、男風呂は100畳(女風呂は150畳)という広いお風呂は気持ちいが良いの一言でした。写真がなくてすみません。

👇 ホテルの公式HPです。

www.musouen.co.jp

 

最後もやっぱり

温泉で気持ちよくなった後はバスで大分空港まで直行です。大分空港でチェックインして手荷物検査のところに行こうとしたのですが、航空券がない!何故かゆまとまいの分だけしか航空券がありません。チェックインの手続きをしたカミさんは誰かに渡したはずだと言っています。ゆまと自分は、?といった感じ。必死に探しますが見つかりません。そうこうしているうちに、アナウンスで自分を呼ぶ声が・・・。ゆまと爆笑したのでした。こんなんばっかりです。

 

色んなことがありましたが、楽しい旅行でした。そうまには悪い気もしますが、そうまがいても普通に旅行したり、暮らしていきたい。これからも暮らしを狭めることなく、いきていきたいと思っています。

 

ではでは。