読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

サチュレーション(酸素飽和度)

そうまのこと

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

そうまの体調はイマイチなまま。今日は朝からサチュレーションが下がってアタフタしました。すっきり良くなって欲しいものです。

 

サチュレーションって何?

サチュレーションとは血中の酸素飽和度のこと。全身にどれくらい酸素がいっているかを表すものです。これが低いと息苦しいということです。%で表します。健康な人であれば99%や100%です。そうまは常に計測できるようモニターをつけています。普段は痰が多い日でも98%以上のことが多く、めったに下がりません。

 

サチュレーションが上がってこない

今日は朝7時頃からサチュレーションが92〜94をうろうろ。モニターがピーピーなります。痰を吸引しようとするも出てこず、肺の音を聞いてみても、痰がつまっている音は聞こえません。手動で空気を送り込んで、サチュレーションが上がってくるという状況でした。あんまりないことなので、どうにも不安です。

 

午前中に看護師さんが訪問してくれたので、サチュレーションが下がった原因を考えます。「痰がつまっている?」「モニターの誤作動?」「カニューレをしばるベルトがゆるい?」色んな可能性を上げて、消していきます。血圧や体温などサチュレーション以外の数値は問題なかったので、お風呂に入って温めてみようということになりました。

 

お風呂に入って吸引してみると、ズゴゴーっとすごい音が鳴りながら大量の痰をとることができました。サチュレーションも95くらいに回復。どうやら痰が固まっていたみたい。お風呂に入ったことで柔らかくなってとれやすくなったようでした。今日はPTさんも来てくれたので痰が出やすくように体勢を整えてくれました。朝のときは「病院かな〜」なんて不安に思っていたのですが、助けてもらいました。本当に心強い。

 

ひたすら痰をとる

看護師さんが帰った後は、とにかく痰をとります。スクイージング(肺を呼吸に合わせて動かして痰の移動を促すこと)などしてみて痰をとります。それでも96くらい。100%にはならないので、すっきりはしませんが良しとします。明日も下がるようだと、今度こそ病院かな〜。早く良くなりますように。

 

ではでは。