ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

3歳になりました

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

そうまは今日も痰が詰まり気味。看護師さんが体を動かしてくれて、痰をとってくれたので、サチュレーションは98くらいまで回復しました。ほっと一安心ですが、まだまだ本調子ではありません。こまめに痰をとらなきゃー。

 

さて、そうまが3歳になりました。正確にいうと3歳になっていました。慌ただしい毎日で、ブログに書けませんでした(´-﹏-`;)。今日はそうまが3歳になって思うことを書きたいと思います。

 

あっと言う間の3年間!?

思い返せば一命を取り留めながらも大きな後遺症を負うことになったとき、自分は担当の医師に聞きました。「何歳まで生きられるんですか?」って。医師は「片手生きられれば良いところかも」と。とても悲しかったことをよく覚えています。よっぽどのことが無い限り自分より先に逝ってしまうんだなあと。限られた生命を一緒に大事に過ごしたいとも思ったのでした。

こう書くことカッコイですが、そんな崇高な思いはもう薄れつつあります(笑)。そうまが退院する頃に「そうまは家の中で過ごすことが多くなるだろうから、カミさんがピアノを弾いて、自分がギターを弾いて(未経験者)、ゆまが歌うなんていいね」なんて思っていました。しかし、ピアノは今はほとんど使わず、部屋のお荷物に・・・。自分はギターに挑戦することすらしていません(笑)。喉元過ぎればなんとやら、過ぎてしまうと忘れてしまうもの。色々あった気もしますが、笑って生きています。

 

色んな人に支えられた3年間

障がいという現実は重いものですが、そうまのお陰で沢山の人と繋がることができました。日々、沢山の人に支えてもらっています。支えてもらった分、自分もお返しができるように何か人に与えられるような人間になりたい!

まずは、家族に・・・ですかね(笑)。こう思えたのも、そうまが生まれてきてくれたから。ありがとう。

 

そうま3歳おめでとう、また1年よろしくね。

 

f:id:fz4001979:20161116215936j:plain

👆 素敵な贈り物ありがとうございます。そうまは幸せものです。

 

さて、明日も頑張って痰をとるぞー。

 

ではでは。