読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

療育センター 集団療育

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

療育センターの集団療育に月に2回くらい行っています。そこではそうまと同じ年齢の子どもたちと一緒に遊びます。子どもたちの障がいの程度は重めです。その中でも、そうまは最重度。

 

一緒に遊ぶと言っても、子どもたち同士で何かする訳ではありません(子どもたち同士で関わっている子もいます)。同じ部屋の中で個別に遊びつつ、それが刺激になるかな?といった感じです。

 

反応があるんだか無いんだか

同じ遊びをしても、子どもによって反応が全然違います。他の子どもの反応が見えるため、自分の子どものことがよく見えてきます。

そうまはよく反応したとしても目を大きくするくらい(そうまにとってはスゴイこと)です。反応してくれるとやりがいがあるのですが、大抵は寝ているんだか、起きているんだか分からないです。他の子どもがキャッキャと楽しそうに遊んでいるのを見ると何だか複雑・・・。

そうまなりに楽しんでいるとは思うんですけどね。つい比較してしまう自分がいます。

 

f:id:fz4001979:20161206231302j:plain

👆 今回はティッシュをちぎってクリスマスツリーを作りました。ちゃっかりまいも参加しています。そうまのツリーの仕上げ(リボンとかキラキラしたやつ)は自分がしました。センスの無さが光っています(笑)。

 

集団療育では他の保護者の方とも触れ合えます。皆さんそれぞれ大変そうですが、明るい方ばかり。パワーをもらっています。これからも色々な人と関わりつつ、そうまや自分を見失わないでいきたいです。

 

ではでは。