読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

呼吸器の子を預けて共働きをするということ

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

そうまが保育園に入ることができないことになり、保育園に代わって預けられる場所を探しています。そうまは医療ケアが必要なので、看護師さんが常駐している障がい児のための施設をあたっています。今利用している施設を中心に相談しています。

 

そうまを障がい児施設に預けながら共働きをするということはどんな感じになるか整理してみました。

 

1 平日の5日間、施設に預ける必要があります。

2 施設が受け入れられる可能人数は少ないです。

👉 日ごとに複数の施設に預けるという形になります。

👉 年間通して複数の施設に預けるためには、利用日を固定する必要があります。

 

イメージとしては月曜と水曜はA施設、火曜はB施設、木曜と金曜がC施設といった感じです。そのためには利用日について複数の施設間での調整が必要となってきます。つまり、利用日を固定できるかどうかが大きな課題です。毎月ごとに利用日を調整していくとして、運良く調整できれば良いですが、調整できなかった場合に「すみません、仕事休みます」とはいかないですもんね・・・(~_~;)

 

このような状況なので、色々な施設に年間を通して曜日固定で利用できないかと相談しています。できれば1日とは言わずできるだけ多い日にちで〜と。無理な相談なのは重々承知・・・。反応は「体制が担保できない」「親の就労支援のための目的では利用できない」となかなかに厳しいです。仕事しないで家で介護しなさいよということなのかな。

 

ではでは。