読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

呼吸器の子を預けて共働きをするということ その②

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

先日、そうまを預けている施設に家族みんなで相談に行ってきました。そこはゆまのスイミング送迎のために毎週利用しているところです。今後共働きをするために利用時間や形を変えて預けたいと考えてのことです。

 

相談の中で、そうまを預けることについての家族が抱える不安や迷い、そして想いや覚悟を聞いてもらいました。親身になって聞いてもらえてありがたかったです。ただ、曜日を固定で1日預かるとなると判断は慎重になるようでした。もし利用できるとなったら、複数の施設に預けるとなると関係者集まっての話し合いが必要とも話がありました・・・。

いずれにしても、受け入れについては施設内で協議が必要とのことで、結果については後日連絡を頂くことになりました。

看護師さんが常にいて専門の施設といえども、ほいほい軽く受け入れてくれる訳ではないのですね・・・。どうなることやらです。

 

ではでは。