ともに歩む日記 〜呼吸器と一緒に〜

2021年9月にNewメンバーのマヒトが増えました。生まれてすぐ髄膜炎で呼吸器っ子になったソウマ小2。ちいママなユマ小5、怪獣なマイ5歳、大黒柱のカミさんとアウトロー主夫である私の6人家族のドタバタ日記です。フツーではないから面白い。カラフルな毎日をお届けします\(^o^)/

個人面談


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
👆 ポチッとしていただけると、元気100倍です(^O^)

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

今日はソウマの個人面談がありました。

個人面談は私が待機している時間(ソウマの授業中)に行ってくれました。

本来ならば授業中なので先生方は忙しいはずなのにね。

私の負担を考えての気配り、とってもありがたいです。

 

担任の先生と前期の振り返りと後期の目標について話し合いました。

先生からは「反応が多く出るようになった」「聞く力もそうだが見る力もついた」

「体調良く通うことができて体力もついた」と、たくさん褒めていただきました。

 

2年生になって登校日を増やして親としては大変なところは正直ありますが、ソウマの力になっていることは先生の言葉からも良く分かりました。

ソウマの表情見れば一目瞭然ですけどね(笑)。

本当に学校を楽しんでいます。

先生とのやりとりや友だちとの関わりがとっても良いんだろうなあ。

 

ソウマのような重い障がいの子は特別支援学校といえども、登校することが普通にはなっていません。

ただ、どんな子も成長するもんです。学校には(友だちには)大きい力があります。

 

ソウマのような子もどんどん学校に行けるようになって欲しいなあ。

 

親は子どもの可能性を知らず知らずのうちに狭めているもの。「うちの子はこの辺りまでかな」「これ以上望んではいけないかな」なんて。重い障がいを抱えている子どもの親御さんはなおさらです。

もしかしたら学校に行かせても仕方ないって思っている親御さんもいるかもしれません。そんな親御さんにはぜひソウマを見てもらいたいな、学校での様子を見てもらいたいなと思います。

f:id:fz4001979:20210929231858j:plain

👆 後期の計画書です。後期はどんなことが待っているかな。楽しみだね。

 

 

ではでは。