ともに歩む日記 〜呼吸器と一緒に〜

髄膜炎で呼吸器っ子になったソウマ小3。もうママなユマ小6、宇宙人なマイ小1、怪獣なマヒト0歳、大黒柱のカミさんとアウトロー主夫である私の6人家族のドタバタ日記です。家族だけれど全く違う。違うから面白い。カラフルな毎日をお届けします。

療養解除となりました


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
👆 ポチッとしていただけると、元気100倍です(^O^)

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

隔離生活も終わり、家に帰ってきました。

いやあ外は暑いですね。

ずっと空調が効いた空間に慣れた体としては、この暑さはしんどいです。

電車で帰りましたが、人の多さに疲れました。

 

家は思ったよりカオスじゃなかったです。

カミさんが頑張ったのがよく伝わってきました。

家族みんな元気そうでした。

みんなどこかほっとしたような顔つきでした。

非常事態だったもんねえ。どこか気を張っていたかもしれません。

 

マヒトからは忘れられていなかったようで、盛んに抱っこをせがまれました。

2週間ぶりの抱っこでしたが、可愛かったです。

👆 ソウマも元気そうでした。久々の再会でちょとびっくりしたみたい(笑)。またよろしくね。

 

やっぱり家が一番。家族の笑い声や笑顔はとても癒されます。

それと、久々な抱っこが良かった(笑)。人と触れるのはいいです(涙)。

人の重みがいいんです。

ずしんと地に足がつく感じというか、自分が存在して良い感じがして心地が良い。

 

日常から離れていたので、日常の良さをしみじみ感じています。

コロナにかかってしまったのは色々原因があるんでしょうが、やはり無理をしていたというのが大きいと思います。多くのことを抱え込んで頑張っていました。

それはそれで素晴らしいことですが、これからは少し負荷を下げて、やっていけたらと思います。

 

 

それにしても、宿泊療養という形で家族を守ることができて本当に良かった。

欲を言えば熱が出ていたときに療養に行きたかったところですが、めちゃくちゃ忙しいみたいで仕方ないです。ホテルのスタッフの方や多くの人に支えられました。

本当にありがとうございました。

いつか恩返しに行きます。

 

 

 

久々の自由な生活は体にきますね。

まだまだリハビリ段階。慌てない慌てない。

刺激がとにかく多い生活なので、無理しないように、意識して情報を遮断するようにして徐々に戻していけたらと思っています。

 

ではでは。

妻からのヒトコト

お疲れ様でした。無事戻ってこれてよかった。後遺症とかならないといいね。子どもたちが嬉しそうでした。特にユマがニコニコしていてなんだかいい感じでした。

夫が戻ってきて1時間もしたら、子どもたちが大声でケンカをはじめたので一気に日常が戻ってきた感じです。ま、無理せずぼちぼち戻していきましょう。