読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともに歩む日記

横浜に住んでいます。育児休暇をとりました。曲がったことが大嫌いなゆま6歳、髄膜炎で呼吸器っ子になったそうま2歳、怪獣まい生まれたばかり。3人のこどもと、カミさんとの日々です。障害の子をもつ親が少しでも楽に生きられるよう願いを込めて。

入浴介助

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんわ。

 

お風呂で2つ伝えたいことがあったのでブログに書きます。

 

1つ目はまいと入ったときのこと。ベビーバスを卒業して、湯船に一緒に浸かるようになりました。まいは慣れる前は怖いくらい、ぐりぐりの目で睨んできたものですが、最近は笑顔で入れるようになりました。今日も普段通り入っていたら、何だかぽこぽこ泡が立って来ました。うちの風呂にバブルなんて機能あったかな?なんて思っていたら、みるみるうちにお湯の色が黄色になっていくではありませんか!そうです。あれです(失礼)。まいは気持ちよかったみたいでいい表情でした。笑っちゃいました。

 

2つ目はあんまり笑えない話。そうまと入ったときのこと。そうまとどのようにお風呂に入るかというと。呼吸器をつけながら、そうまを抱っこして一緒に湯船に浸かります。体を温めてから、抱っこのまま浴槽のへりに座って、カミさんや看護師さんとそうまの体や頭を洗います。最後に再び湯船に浸かって体を温めて出ます。気管切開をしているので切開したところに水が入ると大変。溺れた状態になります。肺にお湯が入り・・・、想像しただけで恐ろしい・・・。注意しながらも慣れてきたころ事件は起こりました。いつも通り浴槽のへりに座りながらそうまの体を洗っていて、背中を洗おうとしたところバランスを崩し、そうまとともに後ろにある浴槽に尻もち!!幸い、浴槽にはそんなにお湯が入っておらず、そうまを掲げることで大事には至りませんでした。

そうまは日々大きくなっており、頭が大きく、足は細くとバランスが悪くなっています。抱っこしながらのお風呂は厳しくなってくるかも・・・。体を動かさない日々なので、お風呂は何とかいれてあげたい。シャワーチェアを考えなきゃかもです。

 

f:id:fz4001979:20160701230958j:plain

あ〜怖かった。

 

ではでは。