ともに歩む日記 〜呼吸器と一緒に〜

2021年9月にNewメンバーのマヒトが増えました。生まれてすぐ髄膜炎で呼吸器っ子になったソウマ小2。ちいママなユマ小5、怪獣なマイ5歳、大黒柱のカミさんとアウトロー主夫である私の6人家族のドタバタ日記です。フツーではないから面白い。カラフルな毎日をお届けします\(^o^)/

シャント手術から5年


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
👆 ポチッとしていただけると、元気100倍です(^O^)

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

今日はソウマの脳外科の受診のために病院に行ってきました。

ソウマは水頭症という頭に水が溜まってしまう病気でもありまして、頭の水をお腹に流すためにシャントという管を埋め込んでいます。そのシャントがしっかり機能しているか、頭は大きくなっていないか経過をみてもらっています。

半年に1回の頻度ですが、大事なことですね。

 

頭位を測ってもらったり、レントゲンを撮ってもらい状況をみてもらいました。

結果は頭は大きくなっていませんし、体の中のシャントが切れておらず状態は良いとのことでした。

良かった〜。

 

シャントの手術をしてもう5年が経ちました。(シャント手術当日の私のうろたえぶりが分かるブログは下の方にリンクを貼っておきます)思い返せば、シャント手術まで色々ありました。主治医から反対されたり、勧めてくれたお医者さんが手術間際に辞められて、手術のために入院していたのに退院となったり・・・。

何かしらサプライズがあるという我が家らしい展開がありました。

 

色々ありましたが、シャント手術をして良かったなと思います。

 

胃ろうの手術はできなくなりました(ソウマだけかも。個人差があるかもしれません。)が、頭が大きくなり続けることを止めることができました。

そして、シャント手術をしたからというわけではないかもしれませんが、表情が豊かになったり、自発呼吸が少しできたり、反応も良くなったり良い影響が多かったと思います。

もしかしたら、頭の水が減ったり増えていないことで、残された脳の部分が圧迫されなくなったりしたのかな。

 

大きな決断でしたが、良かったなと思いました。

まあ、どんな決断だとしても、良いものにしてしまう(?)のですがね(笑)。

方向性はともかく、本人も含めてしっかり話し合って、決断することが大事だと思います。

 

👆 久々の病院でちょっと緊張気味?のソウマでした。

 

病院の後は学校に行って、ボッチャをしたみたい。トーナメントで優勝したらしい。

その後の放課後デイサービスでも楽しんだみたいだし、良い時間を過ごしてますなあ。お陰様で今日もソウマは元気です。

 

お医者さんからは飛行機乗っても大丈夫とお墨付きも貰ったし、色々チャレンジしていこうね。

 

ではでは。

妻からのヒトコト

そうね。色々あったわねぇ。 先生が直前で辞めちゃったのは衝撃的だったなぁ。その後の先生がすぐ手術に向けて動いてくださったのでホッとしたの覚えてます。

ま、悩めるって事はどちらに進んだとしてもきっと正解なんだと思います。きちんと悩んで納得したからこそ、その選択が正解になるんじゃないかな。

シャント手術は我が家としては本当にやってよかったです。頭が大きくなっていくのは心配でしたし、手術後のソウマは環境の変化もあってかとても成長しました。まさかソウマがかなりのゲーマーになるとは思いもしなかったよ。

souma.hatenablog.com