ともに歩む日記 〜呼吸器と一緒に〜

髄膜炎で呼吸器っ子になったソウマ小3。もうママなユマ小6、宇宙人なマイ小1、怪獣なマヒト0歳、大黒柱のカミさんとアウトロー主夫である私の6人家族のドタバタ日記です。家族だけれど全く違う。違うから面白い。カラフルな毎日をお届けします。

講演会


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
👆 ポチッとしていただけると、元気100倍です(^O^)

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

今日はかねてから話をしていた講演会がありました。

50分くらいの予定でしたが、やはり延びてしまいました(汗)。写真や動画を使っての話だったのも長くなってしまった原因かしら。動画は誕生日ケーキのロウソクをソウマが消そうとするやつです。親ながら何度見てもすごい。多くの人に見てもらえて良かったです。

 

話を聴いてくれた方々に、「そういう生き方もあるのか」とか、「ダメな自分も愛せるといいな」とか何でもいいんですけど、感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

貴重な機会をいただいて本当に光栄でした。

聴いてくれた人たちと準備をしてくれた事務局の皆さんに感謝です。

仕事を続けていたり、ソウマがいなかったらこんなことできなかったでしょうね。人生分からないものです。

 

さて、講演のテーマは「あるがままを生きる」にしました。

話の流れは自己紹介(家族紹介)とソウマの1日を生活の様子を話した後に、ソウマが病気になってから、私が仕事を辞めて、道を見失ってからの、ソウマに「あるがままを生きること」を教えてもらう話というのが大筋です。

 

どうしても自己紹介というか、ソウマや家族の紹介に時間をかけがち(自分はともかく、家族が面白いのでつい喋っちゃう)。1日の生活の様子を話し終えた時点で既に30分!

 

本当はここまでで20分の予定で後半をじっくり時間をかけて話したかったんですがねえ。

なかなか上手くいかないもんです。

 

講演を終えて、「頑張ったー!」「良かった!」と思えたらいいんですが、すぐに反省や後悔が出てきてしまいます。自分のダメなところが気になっちゃいます。

 

しかし、これも「あるがまま」なのかな。

こんな自分ですが、「それもいいんじゃない」と認められるようになれたらいいなあ。

 

話を聴いてくれた方々に、「そういう生き方もあるのか」とか、「ダメな自分も愛せるといいな」とか何でもいいんですけど、感じてもらえたら嬉しいです。

 

👆 配信をしながらの講演でした。専門の業者さんも来ていて、本格的でした。緊張したなあ。

f:id:fz4001979:20221205220452j:image

👆 講師控室も用意してくれました。お菓子も用意してくれてたりと、こちらが恐縮しちゃうくらい丁寧にやってもらいました。ただの主夫なのにねえ。緊張したなあ。

 

 

しかし、疲れました。

虚脱感がすごいです。

今週はPTAの新年度の委員を選ぶ山場があるので、気が抜けません。

が、今日だけはだらっとしたいと思います。

 

ではでは。

 

妻からのヒトコト

お疲れ様でした。見てましたけど、よかったと思いましたよ。最初の家族紹介で半分以上時間使ってたのでまとまるのか?と思っておりましたが、いい感じにに着地したのはさすがの一言です。去年はアーカイブあったみたいだけど今年もあるのかな?(ニヤニヤ)

 

souma.hatenablog.com